クレーマー?

青空が広がる

 

 

気持ちのいい昼下がり

 

 

ヤフーオークションで買った部品が届きました。

 

 

さっそく検品してみると

 

 

あれ!? キズがついている!?(汗)

 

 

交換してもらえませんか?

 

 

と連絡してみると。。。

 

 

聞いたこともないような巻き舌の関西弁。

 

「おめー!クレーマーやろ!コラ!」(怒)

 

何故か突然ブチキレられてしまいました。(汗)

 

 

カイエン用を買ったはずが

 

ついてるタグには中国語でVW用。

 

もういいです。(悲)

 

相場高騰金融商品化?

ハイブリッド、EV(電気自動車)、

 

水素、自動運転、ネットワーク化。。。

 

実用車の世界では

 

次世代の技術の話題で持ちきり。

 

 

その一方で、

 

最新テクノロジーをあざ笑うかのように

 

『ヴィンテージカー』の

 

世界的な価格高騰が止まらないようです。

 

 

8月中旬、

 

米ペブルビーチで行われたオークションで

 

1962年式『Ferrari/フェラーリ250』が

 

3800万ドル(約40億)で落札されたそうです。

 

 

そのほかにも

 

『Aston Martin /アストンマーティン』

 

『Bugatti/ブガッティ』『Bentley/ベントレー』

 

といったヴィンテージカーも

 

数億円以上で取引されている。

 

 

価格高騰の波は日本のヴィンテージカーや

 

アメ車のマッスルカーにまで及び

 

「TOYOTA 2000GT」1億円?(汗)

 

「旧型 Land Cruiser」1000万円?(汗)

 

ここ数年、凄まじい価格高騰がつづいている。

 

 

日本国内に残されていたヴィンテージカー達は

 

つぎつぎと海外に輸出され、

 

今や世界的にヴィンテージカーは

 

「非常に利回りのいい金融商品」

 

といったところ。。。

 

IMG_8002.JPG

 

欧州に比べ日本はヴィンテージカーが安く買える

 

という時代はもう終わったのかもしれない。

 

複雑(苦笑)

 

Volkswagen

「国内生産力の向上」

 

「景気の高揚」

 

「軍需の拡大」

 

 

1937年、独裁者として知られた

 

『アドルフ・ヒトラー』の意を受け

 

 

『ナチス政権』の国策企業として

 

『フォルクスワーゲン』は設立された。

 

 

1938年、収容所捕虜を労働力として

 

ドイツ軍戦闘車両や戦車を生産。

 

 

1945年、ドイツ降伏に伴い

 

イギリス軍の管理下

 

新生『フォルクスワーゲン』が誕生した。

 

 

一般大衆にも手の届く価格の車を。。。

 

ヒトラーの数少ない正の遺産?

 

『Volkswagen/フォルクスワーゲン』

 

 

今では、

 

アウディ・ベントレー・ランボルギーニなど

 

傘下の企業群と合わせ

 

『フォルクスワーゲン・グループ』と称され

 

 

『Volkswagen』=『国民の車』から

 

高級車も手がける自動車ブランドへと

 

変貌を図っている。

 

 

平和に感謝♡

 

ご成約ありがとうございました♡(笑)