50年エンジン車ほぼゼロ?

『トヨタ環境チャレンジ2050』

 

トヨタ自動車が長期の環境計画を発表した。

 

 

2050年までに

 

ガソリン車やディーゼル車をほとんどなくし

 

 

新車の二酸化炭素(CO2 )の排出量を

 

10年比で9割削減する。

 

 

水素で走る燃料電池車(FCV)の世界販売を

 

15年は700台から

 

20年には3万台以上に引き上げる目標を掲げた。

 

 

ハイブリッド車(HV)の販売も20年までに

 

現在より2割多い年間150万台に増やす。

 

 

エコカーの普及を強化し、

 

20年に販売する新車のCO2排出量を

 

10年より22%以上減らすことが目標となる。

 

 

工場から排出されるCO2も削減する。

 

01年比で20年に半減、30年に3分の1に減らす。

 

 

太陽光発電などの利用を広げ、

 

水素エネルギーを活用する水素工場化も進め

 

50年には世界の工場で排出ゼロを目指す。

 

2016 Toyota Mirai FCV Product Introduction

 

トヨタの新しい挑戦です。

 

期待しましょう。

 

VWショック

VWが米国で

 

『ディーゼルエンジン車』の排ガス規制を

 

不正に逃れていた問題が広がりを見せています。

 

 

さて、今回のVWの不正問題は

 

どのような手法で行なわれたのか?

 

簡単に言ってしまえば

 

『身代わり受験』。。。?

 

 

発覚したのはVWのディーゼルエンジンのひとつ

 

『EA189型』。

 

米環境保護庁(EPA)が行う排ガス試験の際、

 

通常モードでは使わない

 

特殊なテスト専用プログラムで受験させ

 

不正な結果を出していた。。。というもの。

 

 

その制御プログラムはドイツのメガサプライヤー

 

『BOSCH/ボッシュ』のもの。

 

もちろん、ボッシュが単独でできるわけでもなく

 

ディーゼルエンジンの技術で

 

世界をリードしてきた両社だけに

 

このような問題が起きたのはとても悲しい。

 

 

しかし、VWはなぜ

 

このような反社会行動に及んだのだろうか?

 

欧州でも毒性ガスの問題へ環境課税がかけられ

 

CO2排出量とPMが主題となっていた。

 

欧州が日米と同等レベルの規制になったのは

 

2014年9月以降の発売のモデルから。

 

 

すでに販売されていたモデルについては

 

2015年の9月まで移行措置がとられたのである。

 

しかし、エンジンは

 

そう簡単に新型に積み替えられるものでは無い。

 

モデルチェンジが済んでないクルマ達は

 

ひとつ前の規制適合のまま

 

売らなくてはいけなかった。。。

 

 

北米とカナダは完全にアウト。

 

もちろん日本だって。。。

 

しかし欧州では規制に準拠している。

 

問題の本質は

 

欧州と北米の『排ガス規制のギャップ』を

 

無理やり乗り越えようとしたことにあるようだ。

 

 

ディーゼルエンジンは燃料の雑食性も高く

 

エタノールなど植物由来燃料にも対応できる。

 

将来的な石油不足を考えれば

 

未来の内燃機関技術として重要なシステム。

 

ちなみに

 

今回問題となっているVWのクルマ達は

 

日本での輸入・販売はされていないそうです。

 

☆ヒラセくん☆LINEスタンプ

予想外の売れ行きにビックリしています!

 

ありがとうございます。

 

 

さて、このLINEスタンプの売り上げは、

 

生意気ながらも、全額ベガルタ仙台の強化費用に

 

役立てて頂きたいと思っております。

 

皆さんのご協力宜しくお願いします。

 

ベガルタ仙台アンバサダー  平瀬 智行

 

↓ ↓平瀬智行 監修『ヒラセくん』 ↓ ↓

http://line.me/R/shop/detail/1186213

 

new PRIUS

1997年、

 

世界初の量産ハイブリッド乗用車としてデビュー。

 

全世界で累計販売台数350万台を突破。

 

ハイブリッド車としては

 

世界一の実績をもっています。

 

 

その『TOYOTAプリウス』が

 

米国ネバダ州ラスベガスにおいて、

 

4代目となる新型『プリウス』を世界初披露した。

 

 

高い空力性能を実現しスタイリングを一新。

 

モーター・電池・HVシステムの小型化と

 

後部ガラスに強化プラスチックを採用するなど

 

車体の重量を約100kg軽量化。

 

 

エンジン熱効率やミッションの伝達効率を向上

 

パワートレーンシステム全体で

 

燃費(約25%)動力性能(約15%)以上

 

最高燃費リッター『40km/L』を目標にしている。

 

 

プリウス初となる4WDも。。。?

 

2015年末、全国のトヨタ販売店で発売開始。

 

平瀬智行選手

本日も外は大雨です。。。

 

ただいまMGMでは

 

 

H25 ランドクルーザー200ZX

 

Now On Sale♡

 

そして

 

 

ベガルタ仙台アンバサダーを務める

 

ブランデュー弘前FC 背番号14

 

 

平瀬智行選手がいよいよ試合に登場!!

 

ブランデュー弘前fc VS FCプリメーロ

 

9月13日(日) 14時キックオフ

 

「鳥見山公園陸上競技場」

 

住所:福島県岩瀬郡鏡石町199

 

ベテランの一流のプレイをお楽しみください♡

 

相場高騰金融商品化?

ハイブリッド、EV(電気自動車)、

 

水素、自動運転、ネットワーク化。。。

 

実用車の世界では

 

次世代の技術の話題で持ちきり。

 

 

その一方で、

 

最新テクノロジーをあざ笑うかのように

 

『ヴィンテージカー』の

 

世界的な価格高騰が止まらないようです。

 

 

8月中旬、

 

米ペブルビーチで行われたオークションで

 

1962年式『Ferrari/フェラーリ250』が

 

3800万ドル(約40億)で落札されたそうです。

 

 

そのほかにも

 

『Aston Martin /アストンマーティン』

 

『Bugatti/ブガッティ』『Bentley/ベントレー』

 

といったヴィンテージカーも

 

数億円以上で取引されている。

 

 

価格高騰の波は日本のヴィンテージカーや

 

アメ車のマッスルカーにまで及び

 

「TOYOTA 2000GT」1億円?(汗)

 

「旧型 Land Cruiser」1000万円?(汗)

 

ここ数年、凄まじい価格高騰がつづいている。

 

 

日本国内に残されていたヴィンテージカー達は

 

つぎつぎと海外に輸出され、

 

今や世界的にヴィンテージカーは

 

「非常に利回りのいい金融商品」

 

といったところ。。。

 

IMG_8002.JPG

 

欧州に比べ日本はヴィンテージカーが安く買える

 

という時代はもう終わったのかもしれない。

 

複雑(苦笑)