プリウス など155万台リコール

トヨタ自動車は『プリウス』などの

 

燃料蒸発ガス排出抑制装置に不具合があるとして、

 

国土交通省にリコールを届け出た。

 

 

対象となるのは

 

『プリウス』『プリウスPHV』『プリウスα』

 

『SAI』レクサス『CT200h』『HS250h』

 

2009年3月23日~2015年2月24日に製造された

 

計155万2509台。

 

 

燃料系の通路端部形状が不適切な為、

 

使用過程で当該端部に亀裂が発生することがある。

 

 

長期間使用を続けると亀裂が貫通し、

 

満タン時に燃料が漏れ臭がするおそれがある。

 

燃料蒸発ガス排出抑制装置を対策品と交換する。

 

 

トヨタディーラーへ予約をいれ

 

交換作業は2〜3時間程度。

 

型式によってはエアバックのリコールも対象となる為、

 

まずは最寄りのトヨタディーラーへGO☆

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

にほんブログ村 車ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Leave a Reply